2015年6月に発刊された『ハーバード流 幸せになる技術』
やっとやっとやっと3か国語がそろいました!

PHPビジネス新書の発刊から約2年、
中国語版の発刊から約1年を経た5月30日、
韓国語版『ハーバード流 幸せになる技術』が発刊され、
先週末、手元に届きました。

かの国のターゲットが編集に現れているかのように、
印象派やらゴッホやらの扉に飾られ、なんとなくゴージャス!

韓流『#ハーバード流 幸せになる技術』が、
韓国の皆さまの幸せづくりに役立ちますように!


 

 

 

 

https://bookapp.mk.co.kr/newbook_sub1_view.php?isbn=9791155426630

京都自動車新聞さんが新年号にて、拙著『ハーバード流幸せになる技術』によるセミナーの記事を掲載くださいました。

これは昨年の12月14日㈬、AIRオートクラブ京都支部・次世代会さまにお招きいただき、「いきいき組織をつくる ハーバード流幸せになる技術」をテーマにお話しいたしました折のものです。

dsc_45871

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記事もカメラも確かなお仕事で、感謝にたえません。全文は次のとおりです。


京都自動車新聞 新年号

幸福学をテーマにセミナー
第3回AIR次世代会

AIRオートクラブ京都支部・次世代会(城谷元喜部会長)12月14日、「生き生き組織を作る! ハーバード流幸せになる技術」と題したセミナーを開催。講師を務めたのは、ワークスタイルデザイナーの悠木そのま氏。同会は今年度、コーチングや指導力に関する講義をシリーズ展開しており今回がその第3弾。

冒頭、悠木氏は「『成功したから幸せ』ではなく『幸せだから成功する』」と定義し、スタッフの幸福感が好影響を組織内に及ぼした研究事例を紹介。そのうえで、幸福学研究の第一人者タル・ベン・シャハー博士の幸福の種類を分類する座標「ハンバーガーモデル」を解説し、「今も未来も自分に利益が生じていないと幸せとは言えない」と強調した。これをふまえ「生活のための仕事では幸福感は得られない。自分と社会にとって意味のある『ソウルワーク(天職)』に携わって欲しい」と説いた。

 
ハーバード流 幸せになる技術 (PHPビジネス新書)

Tags: , , , ,

人の流れが、道をつくる!「被災地を知り、被災地から学ぶ」をテーマに
3.11被災地への訪問を続ける「復興キャラバン百年塾」

本年は、12/24(土)~26(月)の2泊3日でお伺いたしました。

12/24(土) 、定刻より遅れて12:35、仙台駅を出発したバスは
14:15、南三陸のホテル観洋さんに到着

被災地の子供たちを支援し続けている元ヅカジェンヌ
妃乃あんじさんのご尽力で、ご縁をいただいたホテル観洋さん

二次避難所として、多くの被災者をサポートしたお宿です

わたくしたちの到着をお待ちくださっていたのでしょう
阿部憲子女将さんをはじめホテルの皆さまの温かいお出迎え!

短い休憩の後は、キャラバンのバスに
「被災地語り部」の伊藤俊さんがご乗車してくださり
戸倉中学校、戸倉小学校跡、防災庁舎遺構、高野会館遺構へ

「生き残る、生き延びる、元の生活に戻る」と説く
伊藤さんの語りに、一同は言葉もなく、胸をつまらせました

ホテルへ戻ってからは、阿部女将さんのお話しを伺い
非常時にこそ問われる、リーダーの真価をかみしめました

この夜のお宿は、陸前高田の大舟旅館さん
こちらも3.11で被災し、2012年に再オープンしたお宿です

大舟旅館さんでのクリスマスイブ懇親会には
3.11ドキュメンタリー映画『先祖になる』の菅野剛さん
鎮守の森プロジェクトの荒木そうこさんもご参加

南三陸での辛い見聞、共感の痛みをふりはらうように
PPAPの総踊りで盛り上がりました

翌日は、大槌のきりきり善兵衛本店さんでランチをした後
山田町織笠の龍泉寺さんへ!
復興キャラバン百年塾の念願ともいえる
特別講座「龍泉寺  特設百年塾」を開講いたしました

龍泉寺の石ケ森桂山さんのご尽力で集ってくださった
山田町のばっちゃん、おばちゃん、おじちゃんたちが15名強

パネリストは、消防団員の菊地さん、福祉施設の野田さん
そして、復興キャラバン百年塾の高野登さん!

若い2人のスピーチに、ありがとうと伝えたいと
ご婦人が、飛び入り参加してくださると
キャラバン塾生代表として、鎌倉投信の新井さんが…

続いて、ラグビーカフェ釜石の美奈子さんも
マイクをにぎってくれました

美奈子さんは震災後、故郷に貢献したいと
福岡から長男夫を連れて帰ってきた志の人です!

後半は、山田町の皆さんとキャラバン塾生が
小グループに分かれて、対話・・・

それぞれのグループで、それぞれの対話
そのすべてを知ることはできませんが
それぞれの心がつながった瞬間でした

終了後は、竹松やさんでクリスマス懇親会
山田町ファミリーを巻き込んでのPPAP総踊り

音楽が祭りが心の垣根を見事に取り払ってくれました

翌12/26(月)は、県北バス稲川さんのアレンジで
山田町内の復興(復旧?)ぶりを視察いたしました

大沢地区(堤防建設工事)⇒北浜町(JR線路の補修)⇒旧山田駅跡地(新山田駅ロータリー・新商店街・公営住宅)⇒山田町役場屋上⇒小谷鳥海岸

山田町役場の屋上では、トラックの行くかう町内をながめながら
町職員さんによる復興計画の解説を伺いました。

思いがけないご案内でしたが、町にとっては
「研修」という位置づけとか

国の助成を受けるためのスキームのようです

職員さんにお手間をかけたことも
ささやかな支援になり、少しほっとしました

「高野登さんと行く復興キャラバン百年塾2016」

たくさんのご縁がつながり、つむがれたからこそ
実現したキャラバンのすべてに感謝です

それにしても、今年は奇跡の出逢いだらけ!

きわめつけが…、道の駅やまだで買い物を終えて
自動扉を出たとたんに「そのまさんじゃない?」

なんと、山田町ファミリーとのご縁でつながったFB友だち
Chiccaさんでした!

やっぱり、逢えるひとには逢える
つながれる人とはつながれることを実感しました

「人の流れが道をつくる」ならば
わたくしたちは被災地への道をつくり
心の橋をかけ続ける復興キャラバン百年塾です

わたくしたちは「被災地とずっと一緒にいます」の
一緒にがんばろ~ず!です

南三陸町、陸前高田市、山田町の皆さん
ありがとうございました!

お菓子やお酒や手土産へのご寄付、ご寄贈
ありがとうございま

今年も天国から見守ってくれた百年塾先達の粟野さんたち
ありがとうございました!

チームをがっちり守り続けてくれた塾長の高野さん
ありがとうございました!

わたくしたちのシンボル
ブルーローズの花言葉は「夢 かなう」です!

わたくしたちはずっと、被災地と一緒にいます…の
「一緒にがんばろ~ず!」です!

復興キュラバン百年塾は、これからも被災地への道を拓きます!
来年もご一緒に、被災地への道、踏みかためてまいりましょう!

Tags: , , , , ,

ハーバード流 幸せになる技術 (PHPビジネス新書)
ついに刊行! と申しますか…7月に発刊されていた
『ハーバード流 幸せになる技術』中国語版が届きました

15283967_1284397884966355_600361938319855592_n

 

 

 

 

 

 

 

本名に校正ミスがあったり
やっぱり中国(失礼)…と笑えもしますが
海外の方にも読んでいただけるのは
たいへん嬉しくて有難いことです!

折しもの忘年会で参集した皆さんに
お祝いいただきました

5人で4本! 嬉しくて呑みすぎました

15326388_1284360134970130_6242690008085651608_n

Tags: , , ,

11/30 18:00~ 一般社団法人日本メンズファッション協会主催 第45回ベストドレッサー賞発表・授賞式に今年も出席いたしました!

授賞者の皆さんは下記のとおりです。

政治部門 小池百合子さん(東京都知事)、経済部門 岡崎忠彦さん(株式ファミリア代表取締役社長)、芸能部門 菅田将暉さん(男優)・松下奈緒さん(女優)学術・文化部門 荒木飛呂彦さん(作家)、スポーツ部門  伊調馨インターナショナル部門 別所哲也(男優)

私たち復興協働アクトチーム「一緒にがんばろ~ず!」は 2011年のこの式で公表された 「3.11復興支援事業「ブルーローズキャンペーン」に協力しているご縁で、本年度もブルーローズキャンペーンブースのお手伝いに伺いました。

同キャンペーンは東日本大震災の復興支援を目的として 一般社団法人 日本メンズファッション協会が運営する慈善事業です。

ブルーローズとは、リボンで作られた青いバラのピンバッチのこと。

かつて、青いバラは栽培ができないと言われ、花言葉は「不可能」でした。 近年、栽培が実現してからの花言葉は「奇跡」「夢叶う」!

青いバラのピンバッチには、「夢叶う」のメッセージがこめられています。

ブルーローズキャンペーンでは、青いバラのピンバッチ(定価2500円)の売上から 経費を除く収益金を全額、あしなが育英会が設置を予定している 津波孤児のためのケア施設「東北レインボーハウス」の建設運営資金として寄付されます。

そんなわけで、過去最高の200個超のお買上げをいただいた昨年。ところが、本年度は何かが違うムードに、一緒にがんばろ~ず!ブルーローズ普及委員会のメンバーははじめから戸惑いを感じていました。

それというのも、まるで芸能人のような装いで参加しているのに、ドレスコードを守れない男女がたくさんいます。

今年のベストドレッサー賞のドレスコードは、ブルーのワンポイントを身に着けること。招待状にもしっかりと記載されているため、心ある方々は入場早々、ホワイエのブースに立ち寄って、津波遺児支援チャリティに寄付され、プレゼントの「ブルーローズ(青いバラのピンバッチ)」を着けて入場されていました。

ところが、イケメン風の男子、着飾った女子にかぎって、青いワンポイントもなく、チャリティをお願いすると口裏を合わせたかのように「クロークにお財布を預けた」と…。

確かに、若い人には2000円の寄付は負担かもしれませんが、口裏を合わせたような言い訳には唖然。がっかりというより、悲しい想いになりました。

もちろん、「いくらでもいいですか?」とポケットの小銭をじゃらじゃらとボックスに入れてくれた青年もいらっしゃいましたが…。

外見のオシャレにふさわしい、いえいえ、それ以上に心のオシャレをしなければ! 「人のふり見て、わがふり直せ!」の諺どおり、ますます心のドレスアップをめざそうと決意するとともに、ブルーローズキャンペーンの活動も初心にかえろうと心に決めました。

もう一度、ブルーローズキャンペーン発足のあの頃のように、ご寄付の趣旨をきちんと伝え、気持ちよくご寄付いただけるキャンペーンにいたします!

3.11復興協働アクトチーム「一緒にがんばろ~ず!」は末永く、被災地と一緒に歩み続けます! 皆さま、ご協力をどうぞよろしくお願いいたします!!

※詳しくはこちらから ⇒ http://sonoma.ne.jp/rose.html

Tags: , , ,

「ど祭り」に沸く名古屋のど真ん中で
連合愛知タウンミーティングvol.5が開催され
今年もNPO法人キャリアデザインフォーラム代表理事として
討論会に登壇させていただきました。

日時:2016年8月27日(土) 13:00~15:30
会場:名古屋産業振興公社デザインホール(ナディアパーク3階)

最終回のvol.5となった本年度のテーマは
「50歳から楽しく生きるために」。

第一部は、元文化放送アナウンサーで現在フリーアナウンサー
著者としてもご活躍の梶原しげるさんによる基調講演。

ご自身のうつ体験からのリカバリーとリベンジを
噺家さんのように、面白おかしくお話しくださいました。

第ニ部では、50代~60代のパネリストが参集!

焼酎「亀若」を醸造販売する亀若倶楽部の主宰者 原薗義秀さん(60代)
56歳で介護タクシー会社を立ち上げた社会起業家 浅井順二さん(60代)
漁師をめざす中部大学教授の對馬 明さん(50代)
ワークスタイルデザイナーかつNPO法人の代表者=そのま(秘密)

梶原さん(70代)のコーディネートのもと
個性あふれるメンバーがそれぞれの
セカンドキャリアやパラレルキャリアについて語りました。

最終回にふさわしい豊かな時間の〆は
連合愛知会長の土肥和則さんと一緒に
大好きなマスコット「ここあ」と握手して…。

リオ2016とともに去りゆく人生の夏を愛おしみながら
東京2020には秋の収穫を味わおうと決意する午後でした。

DSC_3630_2

Tags: , , ,

13939427_1211105232301385_1668471166534098969_nサイエンス・オブ・ハピネス(幸せについての研究)による知見とメソッドを活用して、人と組織を繁栄に導く研修『ミッショナリー・リーダー養成講座』をついにリリースいたしました! 

PHP創設 70周年 特別企画 人と組織のための「人生を変える研修」シリーズとして開催されたPHPゼミナールのひとつとして、『幸せになる技術ミッショナリー・リーダー養成講座』セミナーが開催され、プログラムの概要を紹介させていただきました。

日 時:8/25(木) 16:00~18:00
会 場:PHP研究所 東京本部11階
セミナールーム
参加費:1,000円(テキスト代・消費税等込)

PHPゼミナール 人生を変えるセミナー


幸せは成功に先行する!  なぜならば、幸せな人は生産性が高いからです! だから、成功をめざすには、まず人と組織が幸せになること!

『ミッショナリー・リーダー養成講座』では、幸せをとおしてメンバーとチームを繁栄に導く、新しいリーダーシップの在り方を参加者とともに探ります。ミッショナリー・リーダーたちがめざす使命とは? 日々の喜びとは?

 経営者、マネージャー、人事・人材開発ご担当の皆さま、松下幸之助の思想にも通ずる「幸せになる技術」の思想と手法。ハピネスをとおして、人とチームを繁栄に導く研修を現在のリーダー、未来のリーダーに捧げます。

ハーバード流 幸せになる技術 (PHPビジネス新書)

Tags: , , , , , , ,

ハピネスをとおして、人とチームを繁栄に導く研修のバリエーションとして、「ハーバード流 退学防止策とクラス運営術」研修に出講させていただきました。

主催:一般社団法人 全国専門学校教育研究会さま
日時:2016年8月1日(月) 13:00~18:00
~8月2日(火) 9:00~12:00
会場:クロス・ウェーブ幕張

ご依頼時に「退学防止」というテーマを伺った時には、お役に立てるのかしら…と心配もありましたが、ハピネスをとおして好い組織を創るというミッションを信じてお引き受けいたしました。

だって、幸せは成功に先行します。なぜならば、幸せな人は生産性が高いから!  先生も学生も幸せになれば、クラスも幸せになり、学習の場としてのクラスのパフォーマンスもあがるはずです。

そして、参加された先生方の熱意と経験のおかげで、ステキなアイデアがたくさん提案されて、クラスが学校が楽しく幸せに変わりそうな予感がします。

「はじめの一歩」をクラスへ、企業へ、社会へ! 「幸せ先行」の思想と手法をさらにさらに広げてまいります。使命に生きるリーダーの皆さま、ご一緒に未来の子供たちを人材を未来のリーダーへ育んでまいりましょう!

13887038_1149687445104067_1690229896462715663_n

ハーバード流 幸せになる技術 (PHPビジネス新書)

Tags: , , , , ,

悠木そのま著『ハーバード流 幸せになる技術』への
翻訳出版オファー、韓国の出版社さまよりいただきました!

中国語版に続き、まことに嬉しいオファーです!

人類の真の繁栄のために、幸せは成功に先行する…の思想が
日本からアジアへ、アジアから世界へと広がりますように!

ハーバード流 幸せになる技術 (PHPビジネス新書)

Tags: , , ,

JCDAキャリアWeek
『幸福学×キャリア開発⇒組織変革
~サイエンス・オブ・ハピネスで人と組織を変える法~』
日時:6/24(金) 13:30~16:30
会場:チーム医療
参加費:1,000円(テキスト代・消費税等込)

ハーバード流 幸せになる技術 (PHPビジネス新書)
JCDAキャリアWeekに合わせ、サイエンス・オブ・ハビネス(幸福学)によるキャリア開発をとおした組織変革法を紹介するセミナーを緊急開催いたしました。

サイエンス・オブ・ハピネス(幸福学)は幸せとは何か、幸せであり続けるにはどうしたらよいかを解明し続けている科学です。ポジティブ心理学をはじめレジリエンス、マインドフルネスなどの源流といえる分野でもあります。

その全体像を紹介するため、昨年6月、「日本一分かりやすい幸福学」の本として『ハーバード流 幸せになる技術』を発刊いたしました。それから1年。ハーバード流のメソッドによるキャリア開発プログラムのリリースが、8月に決まりました。そんな折にJCDAキャリアWeekが開催されることになり、この絶好の機会に、プログラムの概要を先行報告いたしました。

サイエンス・オブ・ハビネスの研究者たちが解明した「幸せな人は生産性が高い」という事実に基づき、人材の幸福度を高めることで組織の効率や業績を高める試みが世界中で広がっています。本セミナーでは、その事例やハーバード流のキャリア形成術を紹介し、それぞれの幸せな働き方を実現して組織を変えるメソッド。その可能性を語り合いました。

CDP(キャリア開発プログラム)を検討中の人事・人材開発のご関係者、キャリアコンサルタントにも新しい視点をご提供できそうなプログラムのご紹介。チーム医療さんが会議室をご提供くださったおかげで、開催することができました。チーム医療さん、急な開催にもかかわらず、ご参加くださった皆さん、ありがとうございました!

13438946_1379999342017409_7339479861545529534_n

 

Tags: , , , , ,