昭和の終わりには「やりたいこと症候群」が流行り、平成の終わりは「やりたいことが分からない症候群」が流行っています。 やりたいことなど、人並みはずれた興味やエッジのきいたスキルをもつ人を除けば、そうそう分からないし、分かっ […]

Continue reading about 天職とは。”授かり事”に一所懸命に仕えれば…

悠木 そのま on 1月 14th, 2019

おそらく1991年のお正月早々でした。 経営者向けの新春講演会に参加した父が、興奮ぎみに帰宅しました。こうした講演会は経済の話しばかりでつまらない。本日の先生のようなお話しをもっと聞きたいと言うのです。 その先生こそ、当 […]

Continue reading about 平成の終わりに。梅原猛先生の訃報

明けましておめでとうございます! ふと目覚めて、寝室のカーテンを開くと、かなたの空に紅色のグラデーション! しばし佇めば、真正面にぐんぐんと陽が昇り、それはそれはまぶしく力強く、額がほかほかと温かくなっていく不思議な感覚 […]

Continue reading about 元旦の慶び。己亥のはじまりを牛蒡の芽で寿げば…

チクセントミハイ先生は、知る人ぞ知る フロー理論で知られる世界的な研究者です。 僭越とは思いつつ、先生のお弟子さんに拙著を託したところ お受け取りいただけたとのことで、記念写真が届きました。 嬉しすぎて、朝から感涙でした […]

Continue reading about 拝啓、チクセントミハイ先生。『ハーバード流 幸せになる技術』の執筆はフローの連続でした。

明けまして、おめでとうございます! 本年もどうぞよろしくお願いいたします 皆さま、2014年をいかがお迎えでしょうか? 2014年は、おかげさまでお休みをいただけました! これは、ちょっと画期的! 2013年は、新著の執 […]

Continue reading about 謹賀新年! 『永遠の0』からはじまった2014年。百年のちの佳き国を残すために、この命をささげなければと…

(公財)あいち男女共同参画財団は、 男女共同参画社会の実現を目的に、平成8年に 「財団法人あいち女性総合センター」としてスタート。 女性も男性も、自立した人間として個性と能力が 十分発揮できる社会の実現をめざしています。 […]

Continue reading about 「女性のための人生の段取り!」 (公財)あいち男女共同参画財団の広報紙「ウィルプラス」の特集「女性と就業」に寄稿いたしました。

Merry  belated Chiristmas! 天皇誕生日のふりかえで お休みとなったクリスマスイブ 今年の最終周のはじまりとなったクリスマス ホワイトクリスマスとなった地域もあったようです クリスマス寒波が続く中 […]

Continue reading about Merry belated Christmas! ~キャリアチェンジの兆しを受けとめた、2012年 クリスマスでした~

55歳の時に発見された癌との壮絶な戦いを語った諦めない生き方 著書、都倉亮さんの本日7/22のブログ記事「あるチャレンジ」 都倉さんはお父上が外交官で外国育ちで、闘病前は家具のインポーター。 日本語のほか4ヶ国語を操れる […]

Continue reading about Boz Scaggs “We are all alone”  ふたりきり、そして、ひとりきり

悠木 そのま on 6月 20th, 2012

著者の探究心に感動! 哲学がなぜ かの地で生まれたかを知りたくなって アテネへ。 ダーウィンがなぜ その地で人種が心的能力を獲得したのかを知りたくなって ガラパゴス島へ。 現地現物主義 人を幸せにするために、幸せの研究を […]

Continue reading about 「幸せ脳」は自分でつくる 著:久恒辰博

悠木 そのま on 5月 11th, 2012

悠木そのまのおシャレのお師匠さん 「世界で9人、世界の9人」の大森ひとみ先生がまた ご著書を出されました。 世界で9番目、アジアで初めての イマージマスター(国際イメージコンサルタント協会の最高位) 快進撃は続きそうです […]

Continue reading about 見かけが仕事を決める 著:大森ひとみ